大豆製品とカルシウム摂取を強化中です

40代を過ぎた頃から自分の体調に不安を覚えるようになり、いつまでも若いと思っていてはダメだと気付きました。この世には「年齢なんて関係ない。まだまだいける」と自分の体力低下を素直に認められない人が大勢いますが、やはり自然の理に逆らわずにうまく生きることが重要だと日々感じる毎日です。

私が美容と健康のために現在していることは、大豆製品とカルシウムを以前の2倍くらい摂取するように心がけていることです。まず、大豆製品摂取は女性ホルモン低下に伴い、少しでもプラスになればという思いから摂取しています。具体的には、湯で大豆を毎日カップ1杯食べています。また女性はやはり鉄分不足も補わないといけないので、たまにひじきと一緒に煮て食べることもあります。

もうひとつ実施していることは、カルシウム摂取です。日本人は概して諸外国と比較するとカルシウム不足と言われているようですが、私はまさにその中の一人です。やはり40代を過ぎると骨ももろくなってくるし、骨粗鬆症も女性であれば気を付けなければなりません。ですから、現在は毎日3食時に牛乳を各200ml、ヨーグルトも各1つ、そして暇さえあれば小魚とアーモンドの菓子をつまんでカルシウム量を増加しています。

また、カルシウムときな粉を混ぜて飲んだりすることもあります。これは両性たんぱく質とカルシウムを同時にかつ簡単に摂取できるため、かなり気に入っています。

これら大豆食品とカルシウム摂取強化をしてもうすぐ1年になります。今のところ、以前ほど自分の体調に不安を覚えなくなった気がします。もちろん、最初慣れない頃は、牛乳を飲むとお腹の調子が優れなかったものの、今では免疫がついたのか、体調はいいです。

女性は更年期障害やら女性ホルモン低下などにより様々な障害が出てくるので、この両性タンパク質とカルシウム摂取を両面から強化することはとても大切だと思いますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ